世界で1番入国審査の厳しい国境を無事越えられるか…

ブログ村のランキングに参加しています!
バナーをクリックしていただくと順位が上がる仕組みになっています!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Day1627 2018.4.23 アンマン6日目〜エルサレム

おはようございま〜す。。

頑張って5:00起き。

今日はこれから世界で1番入国審査が厳しいとも言われる国境越えが待ってるぜ〜。。

ヨルダンからのイスラエル!!

それもキングフセイン橋を通っていくルート。

面倒なコトにならなければイイな〜。

まぁ、これまでも何とかなってきたから、今回も何とかなるでしょう!!

というワケで支度を済ませたらUBERを呼んで、JETT BUSのオフィスへ!!

UBERって本当に楽。

タクシーは毎回毎回値段交渉しなくちゃいけないし、交渉したにも関わらず到着した瞬間に値段上げてくるから、精神的に疲れちゃうけど、UBERなら配車を確定する前に目的地までの運賃が表示されるしネット決済が出来るから、ドライバーとのやり取りをほとんどしなくて済むからUBERが使える所では使わないのは損です。

今日もUBERでJETT BUSのオフィスまで。

運賃は1.5JD(約237円)。

タクシーだと倍以上取られます。

JETT BUSのオフィスに着いたら、国境までのチケットを購入。


運賃は11JD(約1,742円)。

ヨルダンからイスラエルへの陸路越えをする人はJETT BUSがオススメです!

この11JDの中に荷物代とヨルダン側からイスラエル側への移動費も含まれているので!!

他のバスで来た人は追加で徴収されてました。

バスは定刻通り出発。

国境のあるキングフセイン橋まで何事も無く到着。

パスポートと出国税10JD(約1,583円)を窓口に出したら待機。


30分くらい待ったら呼ばれるので、そのまま付いていってイスラエル側に向かうバスに乗車。

ココに免税店もあったんだけど、もともとの物価が高いのか何も安くなかったです〜。


返却されたパスポートと出国税を支払った証明書をもらったら無くさないように。


無事に出国のスタンプをもらったんだけど、気になるスタンプがその隣に。

“1ヶ月以内に最寄りの警察署に行ってね”

え〜何かとても面倒なコト書いてあるけど、大丈夫かなぁ。。

まぁ…いっか!!

そのまま何も気にしないコトにしてイスラエル側の国境到着!


荷物検査の列がとにかく長い。

並んでる人のほとんどが中国人のツアー団体で、無法地帯。

列は割り込む、タバコを吸う、ゴミはその辺に捨てる、騒がしい…

係の人たちに何回も怒られてたなぁ。。

そんな中国人団体のすぐ後ろに並んでしまったので、一緒の扱いを受けるワケで…

荷物を預けたら、建物の中へ。

所持品の検査をしてゲートをくぐると1人の女の人がやってきた。

「どこから来たの??」

「日本??」

「1人??他の人は??」

そんな感じで矢継ぎ早に質問をしてくる。

その人は私服なんだけど、腰の辺りに色々と重そうなモノが付いている。

というコトは…

「ちょっと、こっち来てくれる??」

案の定呼び出しを食らってしまった。

別室に送られるのかと思ったんだけど、建物の隅の方に連れて行かれ、別に男の人が2人やってきた。

「じゃあ、パスポート見せて。」

「1人なの??」

「何しに来たの??」

「どこへ行くの??」

「あなたの人生は何なの??」

「仕事は??」

とにかく次から次へと質問が飛んでくる。

う〜ん…オレの人生って何なんだろう…

オレが聞きたいわ!!

仕事はブログ書いたり写真撮ったり映像作ったりしてるよ〜って言ったら、ブログ見せてって言われたので、開いたらフシギダネの記事を書いたページだった。

それをまじまじと見る女の人の様子は滑稽だった。

そんな感じで質問攻めを食らいつつも納得したのか何なのか、行ってイイよと言われて、ようやく入国審査へ。

そう、入国審査はまだこれからなのだ。

入国審査官のいる所まで行くと、やはりココでも質問攻め。

「何しに来たの??」

「どこへ行くの??」

「泊まる所は??」

「予約確認書見せて」

「お父さんの名前は??」

「おじいさんの名前は??」

そんな感じの質問で、さっきの女の人よりも軽い感じだった。

そうそう、行き先について聞かれた場合は、絶対にパレスチナと答えてはいけません。

この時点で入国拒否食らいます。

なので、行き先を聞かれた場合はエルサレムかテルアビブとだけ伝えましょう。

質問に答えたら、無事に入国!!

今までエルサレムの入国スタンプがあった、他の国に行く時に面倒なコトになるから、入国スタンプは別紙に押してくださいって言う必要があったんだけど、今はその制度が無くなったみたいで、スタンプでは無くIDカードを発行してくれるようになりました。


コレを滞在中持っているようにと言われました。

さすがにイスラエルも分かっているのか、こういうスタイルを取ってくれてありがたいです。

こういう所、柔軟な国って素晴らしいなと思うのです。


先に進むと荷物を受け取る場所があって、5分くらいで荷物が流れてきたのでピックアップして建物の外へ!!

無事に72カ国目イスラエル入国!!

やったね!!

次はエルサレム旧市街へ行く乗り合いバス探し。

と言っても、建物を出てすぐの所にタクシーや乗り合いバスがいるので、”ダマスカスゲート”と伝えれば旧市街入口まで連れてってくれます〜。

乗り合いバスはヨルダンディナールでの支払いも可能。

運賃は10JD(約1,583円)。

すぐに人数が集まって出発!!

いざ、エルサレム!!

キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の聖地が集まっていて、何かと話題に上るエルサレム。

果たして、どんな街なのか。。

To Be Continued →

国境を越えた時の様子を動画でどうぞ!!



ウーバー…1.5JD(約237円)
バス(ダウンタウン〜国境)…11JD(約1,742円)
出国税…10JD(約1,583円)
乗り合いタクシー…10JD(約1,583円)
合計…32.5JD(約5,144円)

JETTバスのオフィス



住所: アンマン ヨルダン
HP: jett.com.jo
電話: +962 6 566 4141

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加してます!

押してくれるとランキングが上がっていく仕組みになってます♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ村の旅行カテゴリの画面が読み込み【完了】されれば、ポイントが入ります!

単純ッ!!ただそれだけッ!!

ありがとうゥゥゥゥWRRYYYYYY!!!!!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

格安航空券を探すならスカイスキャナー!!




宿の予約は海外も国内もコチラからが断然お得!!
ココから予約すると安く泊まれるし、YAKKENも喜ぶ!!
【トリバゴ】


【Hotels.com】


【Agoda】


【Booking.com】

Yakken

2013年11月から3万円とギターを持って世界一周の旅へ!!路上演奏とアイデアで稼ぎながらサバイバル!!知識と技術で生きていく!!をモットーに活動中!!
メディア出演や執筆のお仕事はコンタクトからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA