Day358 今度はクラブ出禁。。

ブログ村のランキングに参加しています!
バナーをクリックしていただくと順位が上がる仕組みになっています!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Day358 2014.11.1 ミュンヘン30日目


昨日の疲労が若干否めず、ゆっくり支度をして路上に向かった。


昨日ハシャぎ過ぎたかな〜。。


そうでもないよな〜。。


ただの寝不足かな。




今日は土曜日だけど、パーミッションが無いので、のんびりとタール地区でやるコトに。




う〜ん…どうも元気が出ない。。




路上ポイントに着くも、なかなかギターを持ち上げる気力が湧いてこない。。




むむむ…体力は回復してるんだけど、気力が…




やるぞ、オレ!!




何とか自分のケツを叩いて、立ち上がる。





こんな状態で無理矢理唄って、イイ演奏が出来るのか。。



少しテンション抑えめでやってみるか。



いつもよりテンポを落として、スローペースで夕暮れ時の雰囲気に合わせて唄ってみた。





すると1曲目からチップが入る。




ありがとうございます。。




そんな調子で続けるが反応は悪く無い。




しんみりと…だけど力強く。。





20:30を過ぎた頃に教会の中から出てきた男性に「教会の中でコンペティションをやっているから移動出来ないか?」と言われてしまったので、移動。



あと1時間やったら引き上げよう。



移動すると昨日も演奏を見てくれていた2人組の若者がやってきてくれた。



今日もじっくりと演奏を聞いてくれる。



気は抜けんな。



一通りレパートリーを終えた所で話しかけてみた。



「あまり曲数が多くなくて同じ曲何回も聞かせてごめんね。」

「そんなことないよ!素晴らしい歌と演奏だから何回も聞いちゃうよ!そうだ、このノートにサインしてよ!」

「このノートに有名なアーティストのサインを集めるんだって。その第一号さ!」

「有名なアーティストじゃないのにイイのかい??」

「もちろん!これからなるさ!」



手渡されたACDCのノートにサインした。



何だか照れくさいな。



ロックスターとして堂々と書ける日が来るように頑張るぜ!!





その後、演奏をしていると台湾人(?)のグループに声を掛けられ、X JAPANのForever Loveのリクエストをもらった。


アカペラでイイから唄ってくれと言うので、唄った。



久しぶりに唄うな、この曲。



そう思いながら、歌の世界に入り込んで唄った。





もう独りで歩けない 時代の風が強過ぎて
あぁ、傷つくことなんて 慣れたはずだけど今は…


あぁ、全てが終わればいい 終わりのないこの夜に
あぁ、失うものなんて 何も無い 貴方だけ





唄い終わり、目を開けるとそこには、たくさんの人が足を止めてくれていた。




失うものなんて何も無い。




だけど、目の前にはこうして、俺の歌を聞いて応援してくれる人が居る。



今はそれだけでも十分なのかな。.




いつだって俺は独り。孤独を感じてきた。



だけど、きっと俺は独りじゃないんだろうな。



独りだと感じても歩いて、前に進まなくては。。





いつの間にか22:00を過ぎていたので、引き上げ。



今日のあがりは4時間半で64.84ユーロ。



パーミッションがあれば、倍くらいイケたのかな??



でも、今日は気分も乗ってなかったし、この立地でこのあがりなら良しとしておこう。



たくさんの人に元気をもらった。




さて、今夜どうするかな??



昨日、サンドロに連れて行ってもらった”Backstage”に行ってみようかな??


でも、昨日話した人たちは、みんな今日行かないって言ってたしなぁ。。



まぁ、昨日の入場リストバンド付けてればエントランスフリーだし、ビール1ユーロだし行くだけ行ってみるか。





一旦、家に戻り荷物を置いて、Backstageへ。







むむ…何だか昨日とは入る場所が変わってる。。



荷物チェックをされて、中へ。



あれ…昨日開いてたブースが閉まってて、2部屋しかやってない…



人も全然居ない。。



こりゃ、みんなが来ないって言ってた理由が分かったわ。。



IMG_1092



まぁ、来たからにはビールでも飲んで行くかと思い、バーカウンターへ行きビールを注文。




「3.5ユーロね!」




げ、値上がってる…!!




まぁ、飲まんワケにはいかん。。


3.5ユーロお支払い。


察するに昨日は大きなパーティーだったんだろうなぁ。


ハロウィンだったし。


今日は仮装してる人も居ないし、みんな家で二日酔い対策してるんだろう。


まぁ、何にせよメタルが流れてて良かったわ。


壁沿いのベンチに腰掛けて爆音に身を委ねていると2人組の兄ちゃんに声を掛けられた。


「1人かい??」

「そうなんだ。今日は1人なんだよ。」

「そうか、じゃあ今日は俺たちとパーティーだ!!」



こういう絡み最高っす!!あざーす!!

IMG_1060


ルーカスとアネス。



IMG_1062


そこに女の子2人もやって来て、一緒に踊る。


IMG_1069

踊る。

IMG_1073

踊る。。

IMG_1074

踊る。。。

IMG_1079

踊る。。。。

IMG_1080

踊る。。。。。

IMG_1081



もはやカオス。


IMG_1061


IMG_1055


IMG_1058




会場内にRAMMSTEINが流れると会場のボルテージはマックスに!!



さすがドイツ!!


一体感がハンパ無い!!笑



俺も曲に合わせて唄ってると、周りの人たちがこのアジア人RAMMSTEIN知ってるのか!!みたいな感じで超絶盛り上がった。



いやぁ、ホントテンション上がる!!



IMG_1048

ルーカスたちと一緒に盛り上がってたら、あっという間に時間は過ぎて4:00近くに。



近くに居たおっちゃんが俺の肩に乗れ!!と肩車されるコトに。


まぁ、メタルの会場なら何ら不思議なこたぁございやせん。


おっちゃんの肩の上に乗り、おっちゃんとウォ〜!!とやってるとおっちゃんがバランスを崩して、倒れかけた。



周りの人が支えてくれたから、落ちるコトは無かったんだけど、そこにやって来たのがセキュリティ。



「オイ、お前ら出てけ!!退場だ!!」



お〜の〜マジかよ。。



肩車したおっちゃんが猛抗議。


ドイツ語なので、内容分からず。

でも、めっちゃ抗議してる。



するとセキュリティのおっさんが興奮しだした。



「他のセキュリティを呼ぶぞ!!」(たぶん、そんな感じ)



すぐに3人のセキュリティが飛んできた。



おっちゃんをつまみ出す。



どさくさに紛れて、残れないかな〜と思ってたけど、しっかりマークされてました。。


「残念だね。今日は引き上げだよ。また遊ぼう!」ルーカスがそう言ってくれた。

「あぁ、残念だけど行くよ。」


セキュリティにくっついて会場を後にした。


セキュリティのガタイのイイ兄ちゃんに聞いてみた。

「何で出なきゃいけないの??」

「う〜ん…俺も呼ばれて来ただけだから、分かんないんだよね。ゴメンね。」

「あぁ、イイよ。ちょうど、そろそろ帰らなきゃいけない時間だし。」



まぁ、明日もあるし帰宅しますか。


どのタイミングでルーカスたちに帰るって伝えるかな〜と思ってたトコだから、まぁ良いタイミングだったか。。



外に出ると肩車のおっちゃんが居た。


「ヒザ…やっちまったわ。。俺、ヒザ壊してるんだよね。」


そんなんだったら、肩車とかムチャすんなよ!!笑

To Be Continued →

ビール…10.5ユーロ
ケバブ…4ユーロ
雑費…6ユーロ
合計…20.5ユーロ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加してます!

押してくれるとランキングが上がっていく仕組みになってます♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ村の旅行カテゴリの画面が読み込み【完了】されれば、ポイントが入ります!

単純ッ!!ただそれだけッ!!

ありがとうゥゥゥゥWRRYYYYYY!!!!!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

格安航空券を探すならスカイスキャナー!!




宿の予約は海外も国内もコチラからが断然お得!!
ココから予約すると安く泊まれるし、YAKKENも喜ぶ!!
【トリバゴ】


【Hotels.com】


【Agoda】


【Booking.com】

Yakken

2013年11月から3万円とギターを持って世界一周の旅へ!!路上演奏とアイデアで稼ぎながらサバイバル!!知識と技術で生きていく!!をモットーに活動中!!
メディア出演や執筆のお仕事はコンタクトからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA