Day280 標高4,146mの頂上へ!!

ブログ村のランキングに参加しています!
バナーをクリックしていただくと順位が上がる仕組みになっています!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Day280 2014.8.15 ツェルマット2日目


「ヒャハーーーーー!!」
「ウゲゲゲゲゲ!!!!」
「ゲボゲボ!!!!」


うぅ……うぜぇ……

6人ドミトリーの内4人のキチガイが、4:30から騒ぎ始めやがったせいで、全然寝られなかった。

まじでバカなんじゃねぇの??

山登りに行くから早く起きるのは分かるけど、騒ぐ意味が分からん。

まだ寝てる人間が居るっていうのに、なぜにそんなに騒ぐ必要があるのかね。

欧米人だからとか、そんなの理由にならないし、どういう考え方してるのか理解『不』能…!!



ギリギリの6:30までベッドで横になってたが、うるさ過ぎて、とても寝られなかった。


荷造りをして、リビングに荷物を移動して、チェックアウト。



ガイドと待ち合わせ場所のケーブルカー乗り場に向かった。

その前に乗り場の横にあるレンタルショップで必要な用具を調達。

スキーピック、帽子、ブーツ、グローブ、ハーネス、アイゼン。

占めてレンタル料43フラン(¥4,969)也。



ちなみに着てるのは、ヒートテック上下にパーカーとウィンドブレーカー、下はユニクロの暖パン。


これでイケるのかな…??


レンタルショップの店員が手間取ってて、約束の時間に少し遅れてしまった。



今回はガイドとスイス人夫婦と自分の4人。

IMG_8629


IMG_8633



ケーブルカーに乗り込み、上を目指す。


ケーブルカーの値段はハーフフェアカードを使って49.5フラン


結構な勢いでグングンと山肌を舐めるように登っていく。


IMG_8649


IMG_8650


窓からはマッターホルンが間近に見える。


IMG_8648


IMG_8646


あっという間に雲の上までやって来た。


IMG_8644


小一時間でマッターホルン・グレーシアパラダイスへ。

スキーのゲレンデもあって、とても夏とは思えなかった。


IMG_8654


ハーネスを着け、ザイルを結んで、いざ出発。

今回登るのは、富士山越えの4000メートル峰ブライトホルン

この足で、てっぺん踏んでやるぞ。


雪道を一列になって進んでいく。

このどこまでも広がる雪原に小さな点となっている自分たち。

改めて自然の雄大さというものをこの身体で感じた。


IMG_8659


4人繋がってるから、自分のペースではなく、遅く感じたのが、しんどかったが、意外とあっさりイケるんじゃ…と思った所で目の前にやってきたのは、なかなかの斜度がある傾斜。

鉄の爪、アイゼンをブーツに装着して頂上を目指した。



IMG_8662


IMG_8663


IMG_8666-2


IMG_8666


キツい…一歩一歩山を登る度に息が上がる。

ノドも渇くし、エネルギーが出ない…


そういや、朝飯食べるの忘れたわ…

睡眠不足とメシ抜きとか、ドMの所業‼︎


というか普通に怒られるわ…山やってる人に。。




そして、苦しめるのが高所ゆえの低酸素。

いくら息を吸っても酸素が薄いから、全然吸い込めない。


恐れるのは高山病

こればかりは個人差があって、行ってみないと分からないらしい。


そう、今回はそのために登ってるんだ…!!

自分の身体が高山に適しているかどうか試すため。

頼む、俺の身体よ!もってくれ!


ペースはゆっくりだけど、休憩無しはキツい…

出発から2時間後…もうムリだと思い始めたところで、ガイドが遂に頂上に到着したコトを告げた。


IMG_8672


IMG_8674


IMG_8670



やった。

やったぞ!

4,146mブライトホルン登頂成功!!


富士山より高い山に俺は登ったんだ!

その達成感と景色に圧倒された。



頂上に着いたとは言え、やるコトもないので、すぐに下山。

さっきまで最後尾だった俺が今度は先頭に立って、山を下った。

素人の俺が滑った時に踏ん張れるよう考えてくれたんだろう。

真っ白なキャンバスに白い絵の具で描かれた道を探すように、慎重に道を探して進んだ。


IMG_8674


IMG_8675


IMG_8680


太陽の光が雪に反射して、目がチカチカする。

順調に山を下りた。


さっき登っていった所を登っていく人がいる。


そこを俺は登ったんだ。。

IMG_8683


IMG_8686


3人と別れ、ベンチに座り込んだ。

足、膝、腰、股関節が痛い…

自分で思ってた以上に身体を使ってたんだな…


IMG_8694


IMG_8699


展望台に寄って、下りのケーブルカーに乗り込んだ。

立って乗っていたけど、睡魔なのか、一瞬で寝落ちするような感覚が何回もあって、倒れそうになった。

寝落ちであんなになるなんて、経験したコトない。

相当エネルギーを使い切ったんだな。

座れるケーブルカーに乗り換えると気を失ったように寝てしまった。


IMG_8701


そこからレンタルした用具を返して、宿に戻って荷物をまとめ直し、宿を出た。



換金しようと行った郵便局が今日に限って閉まっているらしく、近くのジェラート屋の小僧さんに聞いたら中で換金してもらえた。

バスカーだと伝えると急に優しくなって、ツェルマットはバスカーに優しい街だなと思った。

ホントはやっちゃイケナイってのが残念で仕方ない。。



荷物を引きずりながら歩いてる時も、今日はやらないのか??とか昨日良かったわよと言ってくれるし、みんな笑顔でこっちを向いてくれた。

小さな街だけど、一日やっただけで、これだなんて信じられなかった。

そんなステキな街だけど、出発だ。

ツェルマットは観光地として有名なだけあって、宿の値段が高過ぎる。

目標を達成した今、ココに長居する必要はない。

差ぁ、次の街へ行こう。

電車に乗り込んだ。

次の街はイタリアのトリノ

特に目的は無いけど、友達に頼まれて写真を撮りに行く予定。


鈍行で6時間半。

のんびり行くか。


道中4回乗り換えで52.5フラン(ツェルマット〜トリノ)。


山に登った疲れで、すぐに寝落ちてしまって写真も撮れなかった。


イタリアに入った所でSIMカードを入れ替え、フィレンツェに居た時に路上で知り合ったカッペーリさんに連絡をした。

『トリノに来た際は連絡を。』と言って頂いたので、早速連絡を…

と思ったのだが、なかなか繋がらない。



トリノの宿はドコも高いし、遂に野宿か…次の乗り換えでトリノ着いちゃうし。。

一応、安宿の情報だけをメモしておいた。


そこにカッペーリさんからメッセージがやってきた…‼︎

という所でケータイの残金終了。

もうネットも出来ない。

終わった…

せっかく、一筋の光が見えたというのに…




と思ったら、カペリさんから電話が来た!

今日はウチに来なさいと…!


神降臨‼︎


22:10にトリノの駅に着くコトを伝え、待ち合わせるコトにした。



しかし、電車が急に止まった。

次の電車までの乗り継ぎ時間は13分。


オイオイオイオイ…


既に電車が止まって5分が経過している。


ま、間に合うのか…??


乗り換えの駅に着くとまだ電車は居た。

遅れたから待っててくれたのか…‼︎


慌ててホームを降りて登る!


あと少しという所で電車が動き出した。



まじかよ…



急いで同じ電車に乗っていた駅員を捕まえるが「3番線に居ろ!」としか言わず、去っていった。


次の電車まで49分。


まじかよ…


仕方なく蚊を潰して時間を潰す。


しかし、いくら蚊を潰しても電車は来ない。


10分遅れの表示が出る。


次には20分遅れの表示に。。



待てど暮らせど電車は来ない。



「トリノに行くなら1番線だ!急げ!」と誰が言ったか知らないが、待っていた人全員で民族移動。



やってきた電車に乗り込んで、トリノへ向かった。


この電車もまたノロノロ走って、全然進まない。


マズい……カッペーリさんを一時間半も待たせてしまっている。


もう帰ってしまったか…


電車はトリノの駅にたどり着いた。


祈る気持ちで電車を飛び降りるとカッペーリさんが待っていてくれた。


「もう帰ろうと思ってた所だよ。」


まじで危なかった…


カッペーリさんの車に乗り込み、カクカクシカジカと事情を話しながらカッペーリさんのお宅へ向かった。

To Be Continued →

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加してます!

押してくれるとランキングが上がっていく仕組みになってます♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ村の旅行カテゴリの画面が読み込み【完了】されれば、ポイントが入ります!

単純ッ!!ただそれだけッ!!

ありがとうゥゥゥゥWRRYYYYYY!!!!!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

宿の予約は海外も国内もコチラからが断然お得!!
【トリバゴ】


【Hotels.com】


【Agoda】


【Booking.com】

Yakken
2013年11月から3万円だけ持って世界一周の旅へ!!路上演奏とアイデアで稼ぎながらサバイバル!! メディア出演や執筆のお仕事はコンタクトからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA